FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、知り合いの方のブログでゲーム中のある装備がク○ンマン○に似ている・・という記事があったのだが・・・・・・

クイ○マ○サを知らない。あるいはだから?という方は決してこの先を読み進めてはいけない・・・・・・





管理人にはコレに見えた。

G-3 (ゲードライ)

なかなか適当な図版が見つからないので過去発売されていたガレージキットの画像であるがw

は?何コレ という方も多いと思われるが説明しようとすると意外と面倒だ。

今は無きコミックボンボン誌に当時(20年以上昔)としては珍しかったガンダムの外伝という形で連載されたマンガがあった。

MS戦記
マンガ家の名を近藤 和久氏という。
そもそも主人公がジオン軍の一兵卒という段階で異色だったが、氏によりアレンジされたMS群は独自のディテールが追加されており当時結構な人気を博した。

連載終了後、新番組であるZガンダムのコミック化も氏が担当したのだが、ここでもアレンジの妙が大いに発揮される。
機動戦士Zガンダム (Vol.3) (Dengeki comics―Gundam comic series)機動戦士Zガンダム (Vol.3) (Dengeki comics―Gundam comic series)
(1999/06)
富野 由悠季、近藤 和久 他

商品詳細を見る

Z本編では微妙なデザインと登場だったバーザムがガンダムMKⅡのパーツを流用してデザインされていたり、カラバのMSとして登場したが明らかにデザインラインが違うディジェがネオジオン側として登場したりして当時のファンを喜ばせた。
ちなみにZガンダムに登場するGMⅡの基本デザインも氏によるもので、先のMS戦記に登場したGM風なのである。外伝が本編に影響を与えたといえる。

そんな中で特に異色だったのはハマーン・カーンの駆るキュベレイのデザインで、全く別物のデザインであったのだ。これがG-3(ゲードライ)のルーツである。

その後、氏はガンダム関係の仕事を多く手がけ、独自のアレンジの度合いをますます強めていった。
そんな氏の作品群の中で頻繁に登場する中でG-3(ゲードライ)は存在感を(一部のファンのなかで)強めていくのである。
ちなみに、何がG-3?という点だが、Gは確かゲシュペンスト(独語?)、亡霊といった意味でソロモンの亡霊と呼ばれたエルメスがG-1、キュベレイがG-2 それに続く形でG-3だった・・気がする。もしかするとG-1はブラウブロだった・・・かも知れない。


近藤 和久氏は今でもガンダム関連のマンガを書いており、最近も新刊が発売されていた。

バニシングマシン
内容的には良くも悪くも変わってないwのだが、管理人は書店で見かけてついつい購入してしまった。

管理人がガンダム好きと自負していたのは相当前の事になる。
いや、そりゃ いまでも嫌いでもないが。
本人としては多くのブログでがんだむ関連の記事が書かれている中、わりとガンダムネタにはドライな方(←そうでもない?)だと自分では思っているのだが、たまに書くとこの有様。
今まで積み重ねた業の深さに我ながら呆れる。

ちなみにテキトーな記憶で書いたので、必ずしも正確な内容でないところはご愛嬌。

このように偏ったガンダム談義を管理人としたくなったそこのアナタ
こっそり(ここ重要)連絡をとってみるといいかも?(←いないいないw)



スポンサーサイト

コメント一覧

G-3と言われると、バズーカ二丁装備の
灰色のファーストガンダムを思い浮かべる自分ですが、
ゲー・ドライ、というモビルスーツもあったのですね!
全く知りませんでした^^

脚が人型っぽくなくて、短いうえに、
腰の後ろの部分が非常に大きいデザインのようなので
これが宇宙を飛び回る様子を想像すると、
αアジールやノイエジールのような感じになりそうです。

こんにちはー^^
ゲードライって、初めて知りました。かっこいいですねー。
ナイチンゲールとちょっと似てるな~と思ったのですが、同じ方がデザインしているのですか?
(バニシングマシンの表紙にナイチンゲールが出てるので^^;)
こういった局地戦に特化したようなMSやMAは大好きです。
デンドロビウムとかザメルとか、もう最高です^^w

>ぷりむら様
G-3といえばそちらを連想しますよね。もちろんこちらのG-3はオフィシャルな物では無いので間違ってもゲーム等に登場もしませんが、特徴的ではありますよね。
ちなみに移動時は手足を引っ込めるというかフリスビーみたいな形で描写されていました。って それじゃアッシマーみたいですな。

>tenten様
ナイチンゲールは自分も好きでした。発表当時(←相当昔w)デザインですが、逆襲のシャアのメインデザイナーだった出渕裕氏によるもので、ご存知かもしれませんが小説版の逆襲のシャアに登場していました。読んでないですが・・・
サザビーもνガンダムもそうですが、オリジナルデザインを手がけた本人による別デザインというのが面白いところですよね。
ちなみに当時の雑誌で「Night=In=Gale」みたいに表記されていてシビレていました。・・・・うーん 懐かしい

しかしガンダムネタというのは以外に食いつきがいいネタで、予想通り二名の方が釣れたのであります。
管理人もコメント返答長いしね。うーむw


コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://badmansnest02.blog76.fc2.com/tb.php/172-a028bce4

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。