FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌姫記事、その2であります。

興味の無い方はスルーを超推奨。

前回の記事で続くとした第二回。

本命のマクロスについてなのであります。

当時ガンプラブームが社会現象にまでなっていた25年前。並んでもなかなか買えないガンプラを購入する為に頻繁に地元の模型店をウロウロしていたBAD少年は見慣れないロボットがズラリと並んだポスターをもらった。
なにやらゴツいメカが同サイズで並んでいたそのポスターには「超弩級要塞 マクロス(確か・・・)」と書いてあった。
ガンプラブームにおいてロボットのリアルさを強調したモケイが少年誌や模型誌を賑わせていて、BAD少年も ロボット=リアル=カッコイイ みたいに思い込んでいた訳であるが、ガンダム等に比べて明らかに異質のそのメカニック群に心が躍っていたらしい。
机の脇にポスターを貼って時々眺めていたようだ。

ある日曜の昼間、たまたまTVをつけると見慣れないロボットアニメを放送していた。
おー 飛行機がロボットに変形する!
おおー なんか動きが激しい!
おおおー 何この巨人(←やられた敵のロボットの中から巨人が出てきたw)

それが「超時空要塞 マクロス」を初めて見た記憶。

家にあったポスターとは作品タイトルが変わっていたのだが、一目で同じものだとわかった。
日曜の午後という遊び盛りの子供は家なんかにいないw時間帯に放映していた事もあって、BAD少年も欠かさず見ていたわけではないが当時色々衝撃的だったのはよく覚えている。
まだ少年だった当事、今からすれば大したことは無い内容なんだけど恋愛とか三角関係とか、キストシーンとか。そしてヒロイン、リン・ミンメイの歌。
マクロスを見ていた同級生の多くがミンメイの歌を鼻歌で歌えた物だ。
そして、マクロス実質上の最終回「愛は流れる」。
ミンメイの歌をバックに繰り広げられるかつて見た事が無い戦闘シーンと大破壊は強烈なイメージをBAD少年の心に残した。


その後マクロスは劇場版が製作される。80年代リアルロボットアニメの集大成ともいえる勢いと熱量を持った作品であるのは間違いないだろう。

劇場版の主題歌「愛 覚えていますか」はペストテン等当時の歌番組のランキング上位にも登場し番組中で歌われる事もあった。

当時のファン心理として「自分たちの好きなアニメ」の歌が一般的な歌番組でランキングされることで、まだ市民権を獲得していたとは言えなかった「アニメファン」が自分たちの好きな物が一般にも通じるんだぞ?といった熱意もあったような気がする。
アキバやオタクといったサブカルチャーが堂々とTVで取り上げられている最近からすると(←もっとも否定的・奇異的に扱われる事が多いのも相変わらずだが)、なんとも微笑ましいといえなくも無いw


管理人個人としては

ガンダムシリーズ=スターウォーズ的
マクロスシリーズ=スタートレック的

という印象がある。世間での知名度、人気の面からもそれは言えるかw
ガンダムもマクロスも、ほぼ同時期に世に出たが、継続的に展開されてきたガンダムに比べるとマクロスは細々と続いてきた印象があるのは確かだ。
管理人も全てチェックしていた訳ではなく、アニメに対してほとんど関心を持たない時期も結構長く続いていた。
しかし去年・今年とどちらも新作が製作されることになり、色々な理由でどちらにも興味を持っていた訳だ。
特にマクロスに関しては最近まで深夜で再放送していた事もあり、マクロスを懐かしく思い出していた事もあるので新番組もある程興味を持ってはいたのだが・・・・

予想以上に管理人の心をとらえたのである。

長くなってきたので懲りずに続くw






スポンサーサイト

コメント一覧

マクロスは、オリジナルが一番好きです。映画版はすっきり纏まっていて特にいいです。恋の相手が早瀬さんに替わっているのは好みもあるでしょうけど。

7、Fとも数話しか見てないので、あんまし語れる身ではありませんが、マクロスは、オリジナルの美青年と美少女歌姫の恋の枠の中に今もいるようーな気がします。

>Bija様
個人的にはガンダムシリーズより実は好きなんじゃないか?と成人後に気がつきました。
まあ好きとはいっても、7は数話見たかな?程度だしビデオシリーズもプラスを見ただけで、他は見る気もありませんでしたが・・・
個人的にはマクロスの魅力は(他の同様な作品に比べてなんでもあり感漂う)SF的見せ方ですね。
変形ロボットに特に魅力は感じていないんです、実はw

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。