FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理人は世界の終わり、終末といったモチーフが好みらしい。

ゾンビ映画が好きだったりするので奥様に何がいいのかと聞かれた事があったのだが、恐らく自分にとって「もっとも恐ろしく感じる世界の終わり」のひとつだから、と答えた。
大昔から世界の終末は人にとって最大の悪夢として挙げられていると思うが、管理人がどうして世界の終わりというモチーフが気になるのかは、きっと幼少時代、世界が東西冷戦下にあり「いつ核戦争が起きて世界が滅びるか」という状況を体験していた事が理由に思える。
あとノストラダムスの予言とかね(←一気に説得力なし)
映画や小説、いろいろな世界の終わりモチーフの作品を見てきたが、最近一番印象に残ったのはこれ。



ドット絵やファミコン風のサウンド。ボーカロイドの人工的に感じられる歌い方(意図的にそうしているらしい)、象徴的に語られる歌詞等々。絶品であります。
聞くたび涙腺緩みますワー(涙)

スピルバーグ監督のA.Iや最近公開されたウォーリーも同様のイメージだし、人間がいなくなった後、人口の生命体のみが地球に残される・・・という「世界の終わり」のカタチ。
その根底には人類が滅んだ後も、世界には終わらないで欲しいという祈り、願いが込められている様な気がしてならない。

Boichi作品集HOTEL (モーニングKC)Boichi作品集HOTEL (モーニングKC)
(2008/10)
Boichi

商品詳細を見る

上記のコミックはSF短編集でアダルト・暴力的な表現もあるので万人にオススメは出来ないコミックなのだが、タイトル作のHOTELは管理人イチオシ。これも人類が滅んだ後の人口知能について描かれた内容で、ぜひ一度手にとって欲しいと思うのであります。また、続編?ともいえる「全てはマグロのためだった」も合わせてオススメ。もう ホントに。



スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。